05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ラク太母

Author:ラク太母
★ラク太飼い主★
「ま、いいか」が座右の銘の
ぐうたら管理人です。
出身地:大阪
性別:♀

★ムスメ★
「ムスメ」もしくは
「おねえちゃん」として登場。
ある意味エンターテイナー。

★ラク太★
出身地:動物愛護センター
2006年3月3日我が家に。
神経極細・超デリケートな彼は
「おねえちゃん」との距離が
とっても微妙です・・・

★てんてん
2012年1月4日
千葉県愛護センターより引き出し。
素敵なびりびりびびりちゃん。
たくさんの思い出を残して
2月12日新しいご家族の元に
旅立ちました。おめでとう!

最近の記事

コメントありがとうございます

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

こはくちゃんを捜しています

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ラク太みたいな子に出会えます!

FC2カウンター

ようこそいらっしゃいました♪

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニマルコミュニケーターさんに聞いたラク太のココロ

2009.11.30 00:04|ラク太

わが愛犬(もしくは猫)は何を考えてるんやろか?



知りたくない飼い主さんはいませんよね?



だけど、「犬の気持ちを人の言葉で語ってくれる」っちゅーて、











・・・・ほんまかいな?










でかい予告を打っておきながら、
まさかここまで引っ張ることになろうとは。


続きをお待ちくださっていた皆さま、大変お待たせいたしました。
「もーいらんわ!」とおっしゃりたい皆さま、
まあそう言わんと、お付き合い下さいませ。




な~でな~で





アニマルコミュニケーターのみゆさんにセッションを申し込んだ時点で、
ラク太飼い主は当然のことながら半信半疑でした。
一緒に申し込んだ大地ママも、グレイスママも、
「胡散臭い・・・気はする。 でもどんなもんか試しにやってみたいよね」
というスタンスでありました。



それぞれに自分ちの飼い犬の行動について、
「どうしてそんなことをするのか、本人の口から聞いてみたい」
と思っていることがいくつかあったからです。



みゆさんにはあらかじめ、聞きたいことを2つ3つメールで提出してありました。



ウチの場合は

①毎日の生活に満足してる?

②お母さんとお姉ちゃんのことをどう思ってる?

③車で出かけた時、時々急に不安そうに立ちあがって、
 運転しているお母さんに寄り掛かったりハンドルに首を突っ込んでくるのはなんで?
 運転しにくくてとても危ないよ。


というもの。



3つ目の質問だけミョーに具体的ですが、1つめと2つめをわざとシンプルにしたのは、
「だって細かく書いたら予習されちゃうかもしれないもんね」と疑ぐったため。
後に、疑ったことを申し訳なく思うことになるのですが・・・。




019_20091129235738.jpg




セッションは、みゆさんがラク太と向かい合い、(飼い主もすぐ傍にいる)
ゆっくりとラク太の体のあちこちに触れながら、ラク太に向かって語りかけるようにスタート。


実際にみゆさんが声に出して言うわけではありませんが、
「今日は、お母さんがラクちゃんに聞きたいことがあるそうだから、お話を聞かせてね」
と心の声(テレパシー?)で伝えるのだそうで、
その作業にはかなりの集中が必要なようでした。




020.jpg




すると、ラク太はそんなふうに話しかけられたことに「びっくりして」、
「え? え? ええと・・・」 と、しどろもどろになったそうです。

なにかとても戸惑っている感じだったらしく、
(その反応ってすごーくラク太っぽい!)と、まず飼い主驚く。



そして、次にみゆさんがおっしゃったのがコレ。
「この子は、なんで吠えちゃダメなの?って言ってます」



ラク太がよく吠えるということは、質問にも書かなかったし、
予備知識として差し出していたわけではないので、さらに驚く。




吠えるのは、怖いというよりも警戒。
こっち来るな!とか、ここ通るな!という気持ちなんだと。


「吠えるといつもお母さんは怒るけど、どうして怒られるのかよくわからない。
なんで吠えちゃいけないの?」
それがラク太の思いらしいのです。





もっと精魂こめて撫でろや...





目を閉じて、みゆさんはゆっくりと続けます。



「(この子の)お母さんは外飼いで、あまりかわいがられていなかった。
敷地の広い家・・・農家のような家の、人間の出入りがない物置に近いようなところに居て、
子育て(ラク太たちのこと)もお母さんがひとりでやっていた。
そして人間がやってきて、子どもたちを連れて行った・・・・」


これは、管理人がとても知りたかった、
そして、もう知るすべはないと思っていたラク太の出生の話です。
驚きました。


ラク太は譲渡用の仔犬として4カ月まで千葉県の愛護センターで暮らし、
譲渡先が見つからなかったために、
千葉わんが引き取って里親探しをしてくれたといういきさつの犬です。
愛護センターに至るまでの事情についてはわからないままだったのですが、
そのわからなかった部分が見えてきたのでした。
おそらく、生まれてしまった仔犬の処置に困ったこの家の飼い主が、
愛護センターに持ち込んだということなのでしょう。



兄弟は3,4匹いて、その中でラク太は一番体が大きかったのだそうです。
愛護センターで、体の小さい妹や弟はもらい手がついたのに、ラク太は残ってしまった。
兄弟がいなくなることが、不思議で仕方がなかったと。
人間が来ると、兄弟がいなくなってしまった。と。



家にやってきた時、ラク太はなかなか管理人に懐かなかったのですが、
「ボク、どうなっちゃうんだろう」と不安で
「どうふるまっていいかわからなかった」というのでした。



今でこそずいぶんマシになったけれど、
とにかく人が怖くて、来る人来る人に吠えまくるラク太。
外でも、手を差し出してくる人にはへっぴり腰で吠えるラク太でしたが、
人がここまで怖かったのも、これを聞いて納得。
生まれた時から人と触れあった経験がここまでなかったら、
人が怖いのも無理はないというものです。





「今の生活には満足してる」のだが、
「吠えちゃいけない」っていうのが納得できないらしいラク太。


げっ。


まだ質問①しか終わってないのに、なんて長いんでしょう。
まだまだ長くなりそうなので、今日のところはこの辺で。





022_20091130000027.jpg



・・・・・次は「おねえちゃん問題」をラク太が語ります。










 引っ張ったあげく前後篇て。 









スポンサーサイト

コメント

 待ってました!!
 首が伸びきってろくろっ首になっておりましたよ~~~!
 
 わぁ、なんだか不思議ですねぇ。
 出生の秘密までわかっちゃうなんてすごいなぁ。

>>人間が来ると、兄弟がいなくなってしまった。

 ここ、ちょっと泣きそうになりますね。
 うちのわんこの話も聞いてみたいと思いました。
 
 後半もとっても楽しみです。

こっそり待ってました・・・。

うぐ。なんかセツナイです。
ラクちゃんがますますいとおしいです。

みゆさん、すごいですね。
ラクちゃん、ラク母さんとおねえちゃんに愛されて今はとても
シアワセだね。兄弟のことも気になるけど、ラクちゃんと同じ
ように幸せになってることを祈ります。

待ったかいがありました!

もぅ、前後編と言わずシリーズ化しちゃってもいいくらいですよ。
みゆさんからラク太君に「吠えたらいかんのよ」って
説得してもらえるんですか?そこんとこ聞きたいです!
うちもお願いしたいなぁ・・・

激しく待ってました♪

もう、本当はお会いした時に伺いたい気持ちを、ググッッ・・・と抑えてまっていました。
ちょっと読んでたら涙が出そうになりましたよ・・・
昔、近所でまったくお世話されてない外犬が、冬に赤ちゃん産んで、雪の日にみんな死んでしまったんです・・・
近所で、せめて毛布を、ご飯を・・・とかしたんですが、警戒してて何もできなかったのが悲しかったです・・。
ラク太さん、そうだったんですね・・・
兄弟みんな貰われて幸せになってるといいです・・・
でも、最後まで兄弟を見送って最後になったのは寂しかったでしょうね
この続きも、激しく待ってますよ

すごいですね!

先日オフ会でお話できなかったのは残念でしたが、
あこがれのラク太さんに近づいたら、やっぱり吠えられました。
洗礼うけて嬉しかったです(笑)

私も出生のあたりを読んでウルッときてしまいました。
アニマルコミュニケーターというものにとても興味をもちました。
時間とか金額とかそこらへんの詳細もぜひ知りたいです☆
続きが楽しみです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うおー!続きが気になるぅ~

でも、人間が怖いのか・・・
今はこんなに愛されていても、人間すべてを許せた訳じゃないんですね

兄弟たちも今は幸せになってることを祈るばかりですね

待ってました

日に何度もココをチェック
今日なんて仕事中に携帯でチェックしたもんね。
そうかぁ~ ラクちゃんの出生にはそんなエピソードが
あったんだ・・・・。
でも、今は誰よりも幸せでいいよね♪
(^-^)(。_。)(^-^)(。_。)うんうん

後編も楽しみにしています。

本当に本当なのだろうか?こうやって聞くとラクちゃんの出生から初めて管理人の家に来た日のことまで、妙に説得力あるのです。私も吠えられたけど、あの吠え方は「一緒に遊ぼう」の声に聴こえたのですが・・・私は何に見えたのでしょうね?同じ臭いがしていた(爆)ラクちゃんの表情は神妙ですね。お姉ちゃんのことをどう思っているか、続編に胸を高鳴らせています(笑)

コメントありがとうございます!!

★kirinさま♪
待ってて下さってありがとう~。
続きはこれから書きますが、
なにもかもがラク太ならではの納得できる心情を聞かせていただき、
改めてラク太をいとおしく思う飼い主です。


★とんちきさま♪
とんちゃん、ありがとうございます。
ほんとうにみゆさんには感謝しています。
なにもかもがビックリな体験だったんですよ~。
ラク太の兄弟たちは今どうしているのかな。
幸せでいてほしいです。

★ゲンゾさま♪
う。シリーズ化ですか?オラオラの泉?
のちほどリンクも貼りますが、ぜひ玄ちゃんも。
お願いしたら「吠えたらあかんよ」って
みゆさんからお話してくださいますよ。
それを(犬が)納得するかどうかはわかりませんが(笑)


★バンちゃんママさま♪
この間は楽しかったです。
カメラを忘れ、自分のブログアップはスルー・・・
みなさんの記事を楽しませていただきました。(えへ)

ご近所の外飼いワンコさんの話、せつないです。
なんとかしてあげたかったですね。
ラク太たちはある意味幸運だったのかもしれません。
死んでゆく仔犬はセンターにイヤほどいるんですから。
激しく待たれている続き、なるべく早くアップしたい・・・
と思います。ええ。  (ホント?)


★モコ☆レオママさま♪
オフ会ではお話できなかったかと・・・遅れてしまってすみませんでした。
ラク太、吠えましたか?(笑)
あれが普通です。めげないでね。
アニマルコミュニケーターさんについてはのちほどリンクを貼りますし、
料金も載せますのでお待ちくださいね。
とても素晴らしい方なので、ママさんも是非。

★鍵米さま♪
このセッションを受けた後、
さだちゃんやあーちゃんの記事をみゆさんのブログで拝見しました~。
みゆさん、すごいとしみじみ思います。
またいつかお願いしたいと思っているワタシです。

コメントありがとうございます!!

★あーちゃ~ん♪
ラク太は人間にまだ完全に心を許せないのですね。
それはひどい扱いを受けたとかいうのではなく、
ただ、よくわからんなくて怖い、まだどう接していいかわからないんだという気がしました。
それもこれも、このセッションがあって気付かされたこと。
ラク太ともっと近づけた気がしてうれしい飼い主なのでしたー。

★ビリーママさま♪
ホントにお待たせしてしまいました(笑)
なんども来て下さってありがとー!!
ラク太は今シアワセみたいだけど、
それでもまだ生活の中で不安なことがいっぱいあるようで、
なんかかわいそうだなーと思う母です。
うんと小さいころからママさんにかわいがられたびーちゃんは幸せ。
ヨカッタねえ。

★独活のキンピラさま♪
お話を聞いていて、いちいち納得できることばかりだったですよ。
キンピラちゃんに吠えてたラク太は、警戒心もバリバリだったけど、おもちゃを繰り出して遊ぶ気もマンマンだったよね(笑)
ああいうことは昔のラク太にはなかったです。
…ところで、まだ病院なの???


我が家のサスケも 病院からいただいてきました。
生後2ヶ月くらいでした。先にいた子はオスでしたがとっても面倒見のいい子でした。この子がなくなってからサスケはとっても臆病者になってしまい 家族にしっぽ振ることもしません。甘え方も控えめで そっとお尻を寄せてくるだけ。
私も機会があれば サスケの気持ちをぜひ知りたいです。今何を望んでいるのか知りたいです。
もっと のびのびと生活してもらいたいです。 

うーん、不思議なお話し♪
ホントかな~っていう気持ちもチョッピリありますが
興味の方が断然勝ってます♪(笑)
続きが取っても楽しみ!!!

しかし、ワンちゃんもやっぱりちゃんと小さい頃の事を
覚えているのですねぇ…そんな力が私もほしいなぁ~♪

ほんと犬の考えてることって聞いてみたいような
どうでもエエような(笑)複雑ですね…
でもラクちゃんの吠える話はなんかしんみりします。
それがわかったことで、
なにかおふたりの関係性に変化がありましたか…?

コメントありがとうございます!!

★さっちゃ~ん♪
サスケちゃん、きっといろいろなことを感じてるし、
望んでいることもあるような気がします。
みゆさんは電話でもセッションをして下さいます。
写真が必要ですが。
のちほどリンクも貼る予定ですが、(早く貼れよ)
「アニマルコミュニケーター みゆ」で検索かけてみて下さい。


★みっちゃ~ん♪
ホンマかいな~と思いながら受けたセッションですが、
3匹とも当たっていることがスゴク多かったのです。
「誰でも動物とコミュニケーションをとることはできるんですよ」と
みゆさんはおっしゃってましたが、
ワタシには動物界の江原さんにしか見えませんでした(笑)

★もも獣おかんさま♪
ラク太の前に飼っていた犬があまりにも手がかからず、
困ったことがひとつもなかったので、
ラク太のキャラが不思議で不思議でしかたがなかったのです。
何かスルスルと毛糸がほどけるように謎が解けた気がしました。
そして・・・ラク太との関係の中でワタシが抱いてた不安が
全部消えました。

飼い主さんにとっては、ペットが何を考えているのかって興味あるでしょうね。
ラク太の生い立ち、何だかドラマのように浮かんでくる気がします。
もう、それ以外はないって思ってしまいますね。
不思議だなあ。
それはともかく、私はおねえちゃん問題に興味シンシン。

コメントありがとうございます!!

★こみさ~ん♪
ラク太がほがらかでのどかな犬だったら、
特に知りたいとも思わなかったかもしれないですが。
あ、妻の考えていることも大事だと思います。
ひっぱってるおねえちゃん問題、
早いとこ書かんと~(冷汗)

やっとコメントが書ける~!
なぜか家のノートPCだと、ラク太母さんのブログのコメントがなかなかうまくいかないおばはんでございます!
私もルルロロがどんなことを考えているか知りたいです~。
うちのロロも吠えてばっかりなんだけど、
どうして叱られるか分かってないのかもしれないですねぇ。
あぁ、続きが楽しみだワァ♪

別れのシーンが目に浮ぶ・・・

ラクちゃんのお母さんがひとりで仔犬を世話していた様子、人が来て、お母さんと引き離された様子、そして兄弟がひとりずついなくなり、取り残された幼いラクちゃんの様子。
全てのシーンが目に浮んで、切なくなりました。
読みながら、今はラク太母さんのもとでこんなにシアワセなんだョと何度も自分に言い聞かせ、必死で落涙を防いでおりました。

みゆさんはラクちゃんの生い立ちももちろんご存じなかったのですよね? すごいです。みゆさんみたいにワンニャンに話しかけられることができたらどんなにいいでしょう。
後篇、ドキドキでしながら待っています!
かなわない相手としてライバル視されてそうな?お姉ちゃん、ガンバレ!(←思わず声援)

コメントありがとうございます!!

★shihoさま♪
おばはんこんにちは~♪
(もしかしてこのコメントは職場から??笑)

ルルさんロロさんは頭がいいですよねえ。
とっても不思議ですが、コミュニケーションは電話でも受けられる(事前に写真が必要)そうなので、
一度試してごらんになってはいかがですか?
愛犬がますますいとしい存在になってしまいます。むんぎゅ~。


★み茶ママさま♪
生きものをこよなく愛するみ茶ママさんなら、
アニマルコミュニケーター的要素をたくさんお持ちと思います。
訓練でその能力は磨けるんですって。(どないだす?)

この日以来、ワタクシ、ラク太に対してさらに甘甘になりそうな
自分と激しく戦っております。
おやつを与える頻度もつい上がってしまいました。
そういう話とは違うはずなのだが・・・
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。