05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ラク太母

Author:ラク太母
★ラク太飼い主★
「ま、いいか」が座右の銘の
ぐうたら管理人です。
出身地:大阪
性別:♀

★ムスメ★
「ムスメ」もしくは
「おねえちゃん」として登場。
ある意味エンターテイナー。

★ラク太★
出身地:動物愛護センター
2006年3月3日我が家に。
神経極細・超デリケートな彼は
「おねえちゃん」との距離が
とっても微妙です・・・

★てんてん
2012年1月4日
千葉県愛護センターより引き出し。
素敵なびりびりびびりちゃん。
たくさんの思い出を残して
2月12日新しいご家族の元に
旅立ちました。おめでとう!

最近の記事

コメントありがとうございます

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

こはくちゃんを捜しています

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ラク太みたいな子に出会えます!

FC2カウンター

ようこそいらっしゃいました♪

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センターレポート紹介

2008.10.22 23:47|ラク太
今、満月さんのブログを見に行ったら、このような記事がアップされていました。
千葉県富里にある愛護センターのレポートです。


今、管理人のベッドの布団(羽毛だよ)に埋もれて、この世の春な我が家のラク太。
彼もここの愛護センターで、譲渡用の仔犬として飼育されていた1匹でした。


普段はお笑い系ののん気な記事ばかり書いている管理人は、
このレポートにあるような現実の存在を知りながら、実際なにもできずにいるわけで。
ここに収容されたたくさんの犬たちが向ける一途な瞳に、
ただただ、人として申し訳なさがつのります。




「どうか満月さんのレポートを見てください。
そしてこんな現実があることを知ってください」









s-CIMG3350.jpg





スポンサーサイト

コメント

センターレポートは同様の活動をしている方のブログでも拝見してます。
ワンコが撮影者に向けて投げかけてくる視線にいつも胸がつまります。
子犬も老犬も、この子達に罪はないのに・・・でも、私も傍観してるだけ・・・
それでいいのか!?見る度に感じるジレンマです。
ラクちゃんも含め、私の周りは比較的そのような境遇から迎えられた
ワンコが多いです。(我が家もしかり)
その救えた1つの命を責任もって全うさせる。
里親でワンコを家族にしたと紹介したり、おススメする。
それも大事な活動のひとつだと思っています。

胸が締め付けられる眼差しですよね。こんな不幸なことが起きないように飼い主はせめて避妊を徹底して欲しいと切に願います。避妊を可哀想という人もいますが、家で飼う以上絶対不可欠なことだと思うのです。その分最期までちゃんと面倒見て看取ってやるのが飼い主というモンでしょうに・・・動物の可愛さって血統書でもなく手元において飼ってれば「ウチのが一番」になるはずだもの。そしてこのような犬たちが違う形で才能を見出し引き出せるトレーナーの養成も必要だと思う。介助犬、介護犬が出てくると思うんだわ。

なぜ捨てる?
なぜ捨てる?
なぜ捨てられる?
私にはさっぱりわかりません…でも、現実ですね。
ちゃんと見なくてはいけないのですけれど、辛すぎ…。

ワン達の目が悲しいです。
こうしている今も、現実にワンはこうしているんですよね・・・
今、私は虐待されてるワンに出会って、何とかしたいと思いつつ、どう行動していいかわからない感じです。
何とか、声をかけたものの・・・一筋縄ではいかない飼い主・・・
初めての相手あっての行動にジレンマです。
自分を小さな人間だと思い、そして・・・ワンにこの様な状況を与える人にショックです・・・

つらいですよね。
うちのわんこもボランティアの里親さんのところから縁あって来た子です。
そもそもなぜペットショップで犬を買うのか、わかりません。
助けを求めているわんこはたくさんいるのに……。

本当に胸が詰まる現実ですね、血統書があろうとなかろうと同じ命、人間も動物も一緒だと思います。
ペットショップで犬を買う、その意味が私にもわかりません。
まさに意識の改革が必要ですね。

kirinさんがおっしゃっている
<そもそもなぜペットショップで犬を買うのか、わかりません。

こんな目に合っている犬猫がいるってことを知っている人が少ないのじゃないかと思います。
ペットを迎えるならペットショップからだと思い込んでいるのではないかと。
わたしはパピヨンを飼い始めブログを見るようになって「いつでも里親募集中」を知り
その後、このような状況を知りました。世間知らずですね。
高校生の娘はZEROを見て、最初からこういう犬を譲り受ければよかったね。と言っています。
たくさんの人にこういう状況が広がれば助かる犬猫も増えるのではと思います。
犬猫好きな人が満月さんのブログやこういう番組をみてくれたらきっと。

コメントありがとうございます!!

●のぐっちさま♪

>里親でワンコを家族にしたと紹介したり、おススメする。
それも大事な活動のひとつだと思っています。

ワタシものぐっちさんと全く同じジレンマに悩み、
とりあえず同様の答えを引き出して自分を納得させてます。
ブログでももっとこのような紹介をすればいいのかもしれません。
でも、ついエンターテイメントに走っちゃうのヨネ。性かしら。


●独活のキンピラさま♪

ホントです。生まれた子すべて引き受ける覚悟がない限り、
避妊はするべき。
それは人間とまったく同じ。そこら辺の意識がとても甘い気がする。
今朝は満月さんのところで紹介されていた番組を見て逆上しました。今日出てきたあの人たち、マトモな人間じゃありません。(ああ、また逆上してまう)


●みっちゃ~ん♪

辛いけれど、ちゃんと知って受け止めるところからしか
始まらないという気がします。
あの現状を知らない人が多すぎますもの。
ワンコたち、みんなとてもきれいな目をしてましたね。
それなのに、ニンゲンときたら・・・


●バントママさま♪

バンちゃんママのご近所に虐待されてるワンコが・・・?
声をかけるのって難しいですよね。わかります。
難しい飼主だと、人から意見をされると余計意固地になって
状況が悪化することも多いそうですもん。
どうしたらその子を助けてあげられるでしょう?
なんとかしてあげたいですね。


●kirinさま♪

ワタシは犬は「拾ってくる」か「誰かからもらう」ものと思って育ってきましたが、
今は「買ってくる」のが普通になって、
「もらう」という選択肢がない人が多いのでしょうね。
せっせと啓蒙活動をしないと、こんな異常なペットブームはいつまでたってもなくならない気がします。
腹立つ。


●ビリーママさま♪

血統書のついたワンコもいっぱい愛護センターに連れてこられるんですってよ、ビーちゃんママ。
そういう人たちにとって、ペットはおもちゃだしファッションなのよ。
うう~。頭に血がのぼるわ。


●デンドンさま♪

ああ。まさにそうですね。
知らないってことは、ある意味罪深いですよね。
かくいうワタシも、里親募集などのサイトのことを知ったのは、
そんなに前のことではありませんでした。
知ってよかった!って思いました。
デンドンさん、いいお嬢さんですね(いいことおっしゃる!)





命は買うものではなくて、出会うもの。

ホームセンターの売り場の一角にペットショップがあって、
買い物ついでの親子連れがカートを押しながら犬猫を見ていたりするんですけど
あれは教育に良くないなぁと思います…。
(獣医さんがいたり、便利な点もあるんですけどね。)

コメントありがとうございます!!

●犬さま♪

命が重いものだとちゃんと実感としてわかるって、
実はとても難しいことなのかもしれません。
子供にそれを教えるのは親の役目なのにね。
その親がけっこうロクでもなかったりする昨今ですものね。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。