06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ラク太母

Author:ラク太母
★ラク太飼い主★
「ま、いいか」が座右の銘の
ぐうたら管理人です。
出身地:大阪
性別:♀

★ムスメ★
「ムスメ」もしくは
「おねえちゃん」として登場。
ある意味エンターテイナー。

★ラク太★
出身地:動物愛護センター
2006年3月3日我が家に。
神経極細・超デリケートな彼は
「おねえちゃん」との距離が
とっても微妙です・・・

★てんてん
2012年1月4日
千葉県愛護センターより引き出し。
素敵なびりびりびびりちゃん。
たくさんの思い出を残して
2月12日新しいご家族の元に
旅立ちました。おめでとう!

最近の記事

コメントありがとうございます

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

こはくちゃんを捜しています

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ラク太みたいな子に出会えます!

FC2カウンター

ようこそいらっしゃいました♪

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトジェニック・ラク太

2007.07.31 21:42|ラク太
ひとりで広い場所に解き放たれると、ひたすら下を向いて地面の臭いを嗅ぐか、
羊になって草を食べるかのラク太。


せっかくどんなに絵になる公園に来ても、ねらってもねらっても下のような貧相な写真しか撮れたためしがなくて悲しい管理人だった。


s-CIMG4642.jpg
いつものラク太。これが普通。ちっちゃいポチ目でハイエナちっく。





しかし、どうした加減だろう?!
今日はいつもとちょっと違うちょっとナイスガイなラク太が撮れちゃったのだ!!


だもんでつい有頂天になり、「このバカ」と思われるのを覚悟でご披露しちゃう管理人である。
「このバカ」だけど、許してください。






   じゃじゃーーーーん!!!!


s-CIMG4633.jpg
           ぴし



かかか、かっこよくないですか?!?!
メチャメチャかっこよくないですかうちのラクちゃん!!!!
 (めちゃめちゃなのはお前だろ)




実力の1.5倍くらいに撮れていることは認めます。


認めますが、でも・・・・・でも、なんか、うちのラクちゃんて・・・・・・・ニンゲンに喩えるなら・・・・ええと・・・あの、その・・・ほら・・・・・・・・言ってもいいかしら・・・・







「大沢たかおみたいじゃない・・・?」





どなたの賛同も得られない可能性を考慮(ていうか、大沢たかお、それ誰?とか、大沢たかおのいったいどこがいいの?というご意見がある可能性も?)して、「これは本当にどうかしちゃった管理人のたわごとです。スルーしていただいていっこうに構いません」
と付け加えておきたいと思います。





ええ。


実は管理人、「大沢たかお写真集」持っていたりするんですけどもね・・・・






s-CIMG4631.jpg


       
         やっぱり似てるわっ




・・・・・・・ほんと、ほっといてくださっていいですから。





スポンサーサイト

蝉の日

2007.07.29 23:31|ラク太
「これなんや?」
s-CIMG4587.jpg



朝の駐車場で、いきなり蝉発見。
もう弱っていて、仰向けのままぶぶぶぶぶと羽根を震わせているところを、ラク太に見つけられてしまったかわいそうな蝉。

「いけない!」と言った時には、すでにうれしそうなラク太の一撃をくらって蝉は昇天してしまった。


ほんとに、虫好きよね。

s-CIMG4584.jpg
「食べられる?これ、食べられる?」


食べられません。




その後、ドッグランに行ったら、今度は蝉の抜け殻がわらわら落ちているの発見。




言っておくけどラクちゃん。それもう生きてないから。
s-CIMG4596.jpg





それにしても、なんでこんなにたくさん落ちているのかしら?ドッグランなのに。
s-CIMG4593.jpg





「なんかわからんけど、ボクまじ興奮よ!!」

s-CIMG4594.jpg

抜け殻に興奮したのか、いきなり穴掘りスイッチがオンになったラク太。
何度も穴に顔を突っ込みながらがむしゃらに掘り始め、
地面にすごく深い穴ぼこを開けてしまった。




あまりにでかい穴が開いてしまったので、犬が足を取られるといけない(なんせドッグランだからね)と思い、焦って靴でその穴を一生懸命埋めにかかった管理人。
しかし穴がでかすぎて、周りの土をどんなに集めてもなかなか埋まらない。
なんで埋まらないの?どっかから土を調達してこなくては!とは言ってもいったいどこから?!
とキョロキョロしてたら・・・・





係りのおじさんがどこからともなくバケツとシャベルを手に現れて、穴を埋めてくれました。
(・・・見られてましたか?)







s-CIMG4589.jpg
最初はこうだったのに






 s-CIMG4595.jpg
今日はスーパーリッチ決定!



ついでに、穴埋めに活躍した管理人の靴も、洗う羽目になりましたとさ・・・・・







秘密のカレー鍋

2007.07.28 00:25|管理人のぐうたらライフ
暑いですね。


 

s-CIMG4023.jpg
   「暑くても、別に関係ないねん」


暑いとカレーが食べたくなる管理人は、数日前またカレーを作ってしまった。


一時期、市販のルーを使わず、カレー粉とヨーグルトとトマトでさらっと作るカレーに凝っていた管理人だけれど、ある時ムスメがそんな黄色いカレーを食べながらぼそっとつぶやいた。


「あのねお母さん。わたしほんとは普通のカレーが好きなの・・・」


あう!そうだったですか!!!
(ちっ)

こっちのタイプの方が、カロリーだいぶ低いのに。


そんなわけで最近はまたハウスジャワカレー中辛とかを買うようになった管理人である。
今回のカレーもジャワカレーだった。そんでもって大箱のルーを半分使った。
当たり前だが、5人分できちゃった。
ふたりで夕食に食べて、次の日また多めによそって食べたらちょうどなくなると踏んでいたのだが、運悪く仕事で帰りが12時過ぎたり、朝寝坊してご飯を食べる時間がなかったりが続いたムスメは、なかなかそのカレーを食べてくれない。
必然的に5人分のカレーを、管理人がひとりでちびちび片づける羽目になったわけなのだ・・・・・・


ここまで書いたら、賢明な読者は「秘密のカレー鍋」の正体が早くもお分かになったのではないかしら・・・・・。


・・・あなたの推測は、間違っていませんよ。




s-CIMG4574.jpg
てへっ



管理人はこの鍋のふたを、もう3日間、開けていない。
この暑さだ。火を入れなくなってから3日もたった鍋の中は、いったいどんなことになっているのだろうか。今までも、ちょっと白い膜が張ってねばーっとしちゃったカレーを、臭いを吸わないようにしておそるおそる片づけた経験はあるが、ここまで放っておいたのは初めてなのでかなりドキドキしている。心拍数無駄に上げてる場合じゃないのに。




怖くてなかなかふたを開けるきっかけがつかめない管理人。
満月さんの数日前のブログにこんないいことが書いてあった。
「朝にその日に必ずやることを書き出す・・・中略・・出来なくてもいい。出来なかったことは必ず次の日にやる」
これを読んだ時、おおこれこそ管理人に今必要なことなのでは?!これいい!これやろう!!と思った(思っただけでまだやってない)のだけれど、


「カレーの鍋を洗う」



・・・・・・・明日こそ必ずやろう・・・・・・






s-CIMG4020.jpg
       「賛成や」









若いっていいわね

2007.07.27 00:39|ムスメ
暇となったらとことん暇な管理人にも、たまにではあるが忙しい時がある。


この1週間はその「忙しい時」であった。
一日中仕事に行くので、ブログの更新をするとすれば夜しかない。


ところでわが家は、どの部屋でもネットが使えるというのが売りでありながら、同時に2回線以上は使えないという、ものすごく中途半端なネット環境なのだ(差込口だけいっぱいあったってしょうがないだろが!)。

なので、ムスメがネットを使いたいと言い出すととっても困る。
その時差し迫っている方がつまりは勝つことになるわけなのだが、こののんきなペットブログを果たして「差し迫っている」と主張していいものかどうか・・・。


結局、控えめな管理人はしぶしぶながらムスメに権利を譲り、その結果更新が滞ってしまったというワケなのだ。




そして、そのムスメの「差し迫っていた用件」というのがなんだったかというと。。。。。。。






『富士ロック』の3日間通しチケットをネットオークションでゲットするというものだったんだと!!





ず、るーい!!!!!





そんなわけで、管理人の山用のいちばんでかいリュックに寝袋やテントや着替えや折りたたみ椅子などをパンパンに詰め、まるでヨーロッパのバックパッカーみたいな格好で、今朝ほどラク太に手を振り出かけていった。
3日間オールナイトで、歌ったり踊ったり食べたり呑んだり黄色い声をあげたり、とにかくロックしまくるらしい。暑・・・。



「ラクちゃん、行ってくるね~♪」



何度もこのブログで書いているように、ラク太はいまひとつムスメに懐いていない。
帰宅のたびに、いまだに吠えられているくらいだもの。
へっぴり腰のラク太を毎日せっせと撫でたり、おやつのおすそわけをしたりして、フレンドリーな関係を築き上げるべくコツコツ地道な努力をしているムスメだけれど、





・・・・丸3日間いないんでしょ?







なにもかもが、なかったことになる可能性は「大」だわね。
・・・ご愁傷様。





s-CIMG2396.jpg
「おねえちゃんに捕まって」






s-CIMG2395.jpg
「魂を飛ばすボク」




熱中症にはくれぐれも気をつけるように。
あと、おみやげは野沢菜でよろしく!






また・・・・・

2007.07.24 23:50|ラク太
     「あー・・・・・。ええと。」


s-CIMG4564.jpg

    「さっきまでお母さんはここにいたんですが」






s-CIMG4563.jpg

      「様子がまたおかしくなりました」 





s-CIMG4562.jpg

      「今夜は、もう寝るって言ってます」










 ・・・・だからセッション保存時間てなんやねん?! エエ加減にせえよ!! 
   
  




          べらぼうめ・・・・            

新しい靴

2007.07.22 23:56|ラク太
10日ほど前のこと。
新しいウォーキングシューズを買った。

ミズノのゴアテックス製。
色は黒で、すごくごつい。


今までずっと管理人はラク太の散歩にアディダスのランニングシューズを使用していた。しかしながら愛用の度が過ぎて、しばらく前から底が磨り減ってツルツルになり、いろんなところがほつれてき、全体的に汚れが目立つようになっていた。


このランニングシューズはクッション性がとても高くて、履き心地があまりによかったのでついつい履き続けてしまったのだが(ご存知のように管理人はとてもケチ)、さすがに最近は「これってどうなの?」と自分が突っ込みたいほどに貧乏臭がしていたのだった。
ブーツカットのジーンズならば隠してくれたほつれの目立つ履き込み口も、夏用の丈の短いパンツ穿くとまるみえなんだもん・・・。


s-CIMG4565.jpg
「お母さんの靴は、確かに汚かった」

今でこそトレーニングの成果が上がって穏やかな散歩ができるラク太だが、かつてヤツとの散歩は、ダッシュとストップが交互にやって来るという管理人にとってはかなりきついものだった。


そのせいで管理人は膝が痛くなり、整形外科で言われたのが「変形性膝関節症」・・・・・・。コレって・・・・・お年寄りがよく整骨院で電気かけてるアレですよ・・?


シップ薬をもらい、リハビリと称して整形外科のリハビリルームで奇妙な浴槽に足を漬けさせられ、足首を曲げたり伸ばしたり、涙が出るほど地味な運動をさせられた管理人。理学療法士のお兄さんが、まるで痴呆のおばあちゃんに対するような話しかけ方をしてくるのにもいっそうの悲哀感が・・。
ええいその喋り方やめいっ


そんな管理人にとって、いまや靴はとっても大切なのだ。
もはや管理人にとっての靴は、お洒落の一要素というよりはいかにクッション性があり、いかに膝の負担を軽くできるかのポイントに一極集中してるのだ。


さて、このミズノのウォーキングシューズ。

最初売り場では、見た目でスルーした管理人。
だってこれ、どうみたってタウンユースじゃないだろ?!と突っ込みたくなるくらいごついんだもの。
かかとの下には変なエアクッション入ってるし

・・・しかしその後、他のごつくない靴をいろいろしつこくためし履きしたあげくに、おまけのつもりでこれを履いてみて目からウロコがぼろりと落ちた。


「ウォーキングシューズは履き心地がすべて」

・・・・どんなにごつかろうと、もうどうでもいいわい。



管理人にそう思わせるくらい、このミズノは履き心地がよかったのだ。
10日間これでラク太の散歩をしてみて、もうこれを手放せない感じの管理人である。
ゴアテックス製だから、雨の日の散歩だって平気なの。
靴下濡れないの。

散歩のみならず、散歩以外のどこへ行くのもこればかり。
もともとニューバランスとかリーボックとかスポーツタイプの靴しか履かない(はけない)管理人であるが、このウォーキングシューズの履き心地を知ってしまった今となっては・・・・・


上野の美術館めぐりはもちろん、渋谷も新宿も・・・銀座にだってこれ履いて行っちゃうんだもんね!
めちゃめちゃタウンユースしちゃうんだもんね!!






s-CIMG4567.jpg

      ねっ!!!


スーパーリッチくん

2007.07.21 23:07|ラク太
こんな間抜けなブログにもかかわらず、毎日来てくださる方がいると思うと更新にもチカラが入る管理人である。
みなさんどうもありがとう。

だから昨夜も、管理人は一生懸命記事を書いた。
更新はしていないが、記事だけはちゃんと書いたのだ。


そして「保存っ」とクリックしたら、


「セッション時間が過ぎました」という表示が出て、


気がついたら、保存したはずの記事がまるごとどこかに消えてしまっていた・・・・






どこへ行ったのさあの記事・・・!?!


もう再びPCに向かう気力などこにもなく、
すごすごとラク太をともない寝室にむかった管理人。
ほんとにひどいじゃんfc2。


実は、今までにも3回くらいこういう憂き目にあっている管理人。
だから20行ほど書いてはこまめに「保存クリック」するよう気をつけていたのだが、またやってしまったというわけだ。
もう今度からは10行ごとに保存してやっからなべらぼうめて誰に向かって言ってるの?)

s-CIMG3746.jpg
べらぼう目

さて、仕切り直しです。


実は去年の今頃、管理人はラク太のフケ問題にいたく悩んでいた。
そう、彼はとってもフケの多いやつだったのだ。


ヤツの背中に目を走らせると、たいていいつも白っぽい色をした大小の薄片が被毛の上にわらわらと浮き上っているのを見ることができた。
特に背中から尻にかけてが顕著で、見ただけで「うわァ・・・」と息を呑む光景であったので、ラク太がいくらかわいいからといって、あんまりひんぱんにヤツを撫でるのはご法度(フケが舞い上がるから)だったわが家である。

かかりつけの動物病院で相談すると、
「シャンプーを変えてみてはどうですか?」
と言われて、とてもお高いのを処方された。

せっせと使ってみたけれど事態はあまり改善せず。
お風呂の回数を増やしてみたり、食べ物がいけないのかとドッグフードを変えてみたりもしたのだが効果なし。

お肌のトラブルに胸を痛める妙齢の女性のようなラク太(悩んでいたのは管理人)。少しよくなったような気がすることもあったが、相変わらずフケは常駐し、抜本的な解決には至らないままいたずらに日々は過ぎていったそんなある日。



そう、そんなある日のことである。

いつものようにお風呂でラク太を洗おうとして、管理人は動物病院で買ったお高いシャンプーが空になっていることに気づいた。

「しまったあっ!シャンプー買うの忘れてたあっ!!」

・・・・仕方がない。
まあいいや、コレしかないからコレで洗ってみるか。


そう。そこにあったのは管理人が愛用するラックスシャンプー。
なにごとも臨機応変ってやつよ。
なーに、犬だってニンゲンだっておんなじウールじゃん!







・・・・・以来ラク太はフケしらずとなった。

被毛はさらっさら。

そしてしっとり。


・・・ラックスいいよお。
こんなにあっさりフケと縁が切れるとは思わなかった管理人はびっくりである。


かくして、スーパーリッチ犬ラク太は2週間に1回ラックスで洗われている。
これの難を言えば、ややいい香りがし過ぎることか。
できれば(ラク太用に)無香料のラックスを出して欲しいものなのだが・・・

ま、いくらなんでもそれは無理よね。
わかっております。



s-CIMG3439.jpg
スーパー情けなし(とくに手)


それにしても、わざわざ犬用として売られているシャンプーには、人間用とどういった違いがあるのかしらん。
犬用シャンプーをニンゲンが使うっていうのは、アリかしら。
たとえばうっかり人間用のシャンプーを切らしちゃったりした時、その互換性を試してみてもいいかもね






待て!待つのだ!!

2007.07.19 00:40|ラク太
本格的な留守番ではないけれど、「ちょっとそこのコンビニに」とか「ほんの一瞬ゴミ出しに」とかで家を空けることってよくありますよね。
時間にしてほんの3分から5分くらい。
その間、みなさんのワンコはおりこうに待ってますか??


たったの3分の間に、ゴミ箱ぶっちゃけられたり、食べていただきたくはないものを食い荒らされて泣いたという経験をお持ちの方がきっときっといらっしゃるはずだ(お前だろ、そうですよ)。


実は、このミニお留守番に関して、管理人には摩天楼のような高い理想がある。


それはこうだ。


まず、玄関でラク太を座らせ「マテ」をかける。


その状態で外に出ておもむろに用事をすませる。


帰宅。


待たせた場所で、ハチ公よろしく座って管理人を待っているラク太。


いい子だ。


「ヨシ」でマテを解除。


しっぽをぶんぶん振って管理人の帰宅を喜ぶラク太をよおしよしと撫でてやり、ごほうびのささみジャーキーを存分に振舞う。


というもの。



ま、あり得ませんけどもね。


現実には(実は何度もチャレンジしているのよ)、管理人がドアを開けて外へ出たとたん、中では「ひょおおお~んん」という情けないラク太の声と共に、ガショガショーン!!とドアに体当たりする激しい衝撃音。
後はまあ、ガリガリガリッとドアに爪を立てるやな感じの音などが聞こえてくるわけで・・・(滂沱)


それでも近頃はやっと、それくらいの短い時間なら、リビングにフリーにしていても悪さをせずに待っていてくれるようになったのだからヨシとしようと思う。



目指すは摩天楼だけれど、とりあえずは小さなことからコツコツと。
家の中なら1時間でも2時間でもマテできるよう、がんばってもらおうかしらね。
そんなことできたって、あんまり役に立たないけどもね・・・。




s-CIMG4434.jpg
マテ



s-CIMG4438.jpg

「待たねーよ!!」ふんがっ




ラク太の脱走事件

2007.07.17 22:01|ラク太
タイソンが無事にみつかって、どっと安堵のため息をついた管理人である。
愛犬の脱走とは、まったく飼い主の寿命を縮めるものでありますね。



s-CIMG1969.jpg
         ねずみ男


うちのラク太も、やらかしたことがあります。
ミニ脱走。
あれはたしか、ムスメが散歩させてた時であった。


今でもムスメにはいまいち懐いていないラク太だが、脱走事件が起きた頃は、今よりもっともっと懐いていなかった。
そんな状態のふたりが、散歩に出かけたある夜。

なにかのはずみで、ムスメがリードをポロリと落としたという。
焦ったムスメは、そんなことをしなければよかったのに、落としたリードを慌てて足でガッと踏んづけようとした。
怖がり屋のラク太はムスメの「ガッ」にいたく怯えたもよう。
ダッシュでムスメのそばから逃げ出してしまったのである。


懐いていないものだから、いくらムスメが呼んでもラク太は戻ってこない。あっちの草むらこっちの草むらと寄り道しながら、どんどん走っていくラク太にムスメは滅法焦ったらしい。


「お母さんどうしよう!!!ラクちゃんが捕まらない!!!」

携帯電話からムスメの悲鳴のような声が。

管理人も焦った。
きっとムスメにはラク太の捕獲は無理だろうと思ったからだ。


「わかった今迎えに行くから!場所はどこ?!」


しかし場所を聞いている合間にも

「あっ車が来た!ラク駄目!!そっちに行かないで!お母さんラク太がっ!!!」とムスメのわめく声が聞こえる。

すごい臨場感。


結構遠くの方まで走ってしまった様子に、急いで車を出すことにしたが、しかしそこへ到達する途中にも、ムスメの絶叫にも似た叫びが携帯から聞こえてくるので気が気じゃない。



「ぎゃー車が!!ラク駄目!そっちに行っちゃ駄目!!!」

ムスメはもう泣きわめいている。

そしてとどめの悲鳴。


「イヤーーーー!!!お母さんラク太が死んじゃうーーーー!!!」


ぎゃーヤメテエエエ!!!




・・・・こちらも必死の管理人がやっと現場に到着した時、
ムスメは泣きながらラク太にしがみついていた。





「やっと、つかまった・・・・・・」


存分に走って、満足したのだろうか。

ムスメが差し出した小さなオヤツに釣られて、やっとラク太がこわごわながらも近寄ってきたのだという。
はあ~~~~。

そ知らぬ顔ですわってんじゃないよ・・・・・・・




「どんな状況でも呼び返しが出来る」というのは理想だけれど、そんなワンちゃんはそんなにはいるまい。5ヶ月もトレーニングを受けたラク太だけれど、正直、囲いの中である一定の条件下でなければ帰ってきてなどくれない。

ましてリードから解き放たれて、「うわあい」とバンザイ踊りなどしている愛犬が、飼い主の呼び声に耳を貸すかどうか。まして、幹線道路の反対側に他のワンコの姿などを見てしまった日には・・・その先の展開予想に身が瞬間冷凍・・・・・。


やっぱり、愛犬は逃がさないに限る。



こんな当たり前の結論ですみません・・・・






s-CIMG4482.jpg
おしおき


s-CIMG4483.jpg
もっとおしおき




s-CIMG4481.jpg
どうでもいいって感じ

タイソン見つかりました!元気です!!

2007.07.16 16:28|遊び
ぽちのあさんから、コメントで連絡をいただきました。


以下は、maricoさんのHPからの抜粋です。


タイソン保護しました

みなさん。大変ご心配おかけしました。
今日の朝8時過ぎにポスターを見た人から通報があり無事お家に連れて帰る事ができました。

逃走場所からはとても離れた香澄公園という場所にいました。

沢山歩いたのかパットは4本とも大きく剥けてしまっていましたが
車にぶつかった怪我も無くとても元気です。

皆さんが心配してくれて、励ましてくれたおかげで頑張れました。
またご協力頂いたおかげでタイソンが無事帰る事ができました。
本当にありがとうございました。感謝でいっぱいです。
取り急ぎ報告させてもらいました。

PSポスター剥がし忘れた場所を見かけたら取っておいてください。



よかったあああーーーーー!!!



本当に本当によかったです。


その後、maricoさんからも報告のお電話をいただきました。

千葉にお住まいの方しかわからないジモティックな(あるのかこんな言葉)地理の話ですが、タイソンが見つかったという香澄公園と逃げ出した美浜区高洲1丁目とは、直線距離でも8キロくらい離れています。かなり遠いのです。車にぶつかってパニックになって走り去った後、ふと気がついた時には帰り道もわからなくなり、お母さんの姿もどこにもなく、お家を捜し求めて必死でこんな長い道のりをさ迷い歩いてしまったのでしょうか。
どんなに不安だったか、タイソンの気持ちを想像すると胸が痛くなります。そして、この4日間のmaricoさんのお気持ちも・・・。

タイソンよく無事で帰って来たね!頑張ったね!

捜索に協力されたみなさまに、部外者ですが、わたくしからも心からお礼申し上げます。



20070714183729.jpg

  タイソンお帰り~!!


20070716165603.jpg
maricoさんちでタイソンにしごかれていた頃のラク太(この頃はラスティといいました

     ↑クリックぷりーず!↓

20070716165548.jpg
 きっと今でも師匠には勝てるまい・・・


ご心配くださったみなさま、本当にありがとうございました。
遠くの方まで気にかけてくださって、管理人はとてもうれしかったです。

保護犬・保護猫の里親探しに尽力されているmaricoさんのブログhttp://marico247.seesaa.net/には、動物愛護センターに持ち込まれた(もしくは捕獲されて連れてこられた)犬や猫が、どのような場所で、どのような経過をたどって、どのような最後を迎えることになるのか、その様子がくわしくレポートされています。ぜひ一度、ご覧になってみてください。

現在わが家で椅子という椅子を占拠し、どれもこれもが自分のベッドだと信じて疑わない(毛まみれじゃん!)ゴーイングマイウェイ犬ラク太も、かつて一時期を過ごしたのがこのセンターです。
でもほとんどの犬猫はセンターから出ることなく、殺処分されてしまうこの現実・・・。

ぐうたら管理人も、ぐうたらながらなにかできたらと日々思っております。





           「師匠お帰り!」
s-CIMG4401.jpg


   こらこら、台詞と態度が一致してないよ



ショックです

2007.07.14 18:34|遊び
ラク太と管理人が大変お世話になっているmaricoさんの愛犬タイソンが、12日から行方不明になっているそうです。

maricoさんは、ラク太を愛護センターから引き出してくださり、管理人の元に連れてきてくださった、ラク太の恩人なのです。
タイソンには、ラク太もたくさん修業させてもらったのでした。
とっても元気で力持ちのタイソン。
どうか無事にみつかりますように。


今わかっていることは、以下の通りです。
もしお近くにお住まいの方がいらっしゃいましたら、どうぞお気づきの情報などお知らせください。
ご協力よろしくお願い致します。


7月12日本日お昼ころ、千葉市美浜区高洲1丁目「美浜動物病院」前で迷子になりました

首輪を抜け、車にぶつかり、パニックになり海側に向かって逃走しました

ですので、首輪はついていません

体重20キロくらい(ラブラドールくらいの大きさ)
オス(去勢済み)こげ茶の毛で少し長毛です。
マイクロチップ入っています。

お近くの方でお心当たりのある方は
どんな小さな情報でも構いません。ご連絡お願いいたします。
marico728@yahoo.co.jp

また、リンクを宜しくお願いいたします。
marico728@yahoo.co.jp



20070714183744.jpg

20070714183729.jpg
笑顔のタイソン  maricoさんの宝物

 


新米ブロガーは苦悩する

2007.07.14 11:10|遊び
ねえ。


「バナーを貼り付ける」って、どうやればいいの?



「トラックバック」のやり方も、さっぱりわからないの。



時どき「保存」ができなくて、書いた記事がまるまる消えちゃうことがあるのはなんで?



「テンプレートの編集」しようかと思ったけど、半角文字とカッコの並びが意味不明。



「Amazon」の本も紹介したいのに、またここでもバナーの壁が管理人の行く手を阻む・・・・







ラクちゃん。

お母さんは、日々苦悩しています。


今日は本屋で「だれでもブログ開設」って本も買ったりして。

でも足をすくわれました。

読んでもよくわからず自分の脳みそ問題に直面。


そもそも、いっこの記事をアップするのにどうしてこんなに時間がかかるのかしら?

思えば最近めっきりPCの前にいることが増えて、

足腰は使わず「お肌のゴールデンタイム」に寝てることなんてまずないの。

ほうれい線がこんなにクッキリしてきたんだけど、どう思う?


ブログを始めてまもなく2ヶ月。


母の苦悩のたねは尽きないの・・・・・。

 

          ラク太劇場      
 
         「おサルのダイソーちゃん」

s-CIMG0369.jpg
ダイソーちゃん好きやねん。



20070714094101.jpg
まじんこ好き。



s-CIMG0373.jpg
・・・・・・・・・ほんまやで。 




20070714094113.jpg
ただ愛が



20070714094123.jpg
長続きしないだけやねん。(枕にちょうど


アンタに母の苦労はわかるまいよ・・・・・



怠けました・・・

2007.07.13 00:00|管理人のぐうたらライフ
「明日は早く行くから6時半に起こしてね」


ムスメにそう頼まれて、昨夜はとっても緊張した。
6時半に起きるなんて久しぶりのことだもん。
携帯のアラームを最大音量にセットして、今朝は必死で起きた。
眠くて眠くて、朝ごはんの用意をしながらアタマは朦朧。

(・・・あの子が出かけたら二度寝しよ)


7時半。
「いってらっしゃい!」とパジャマ姿でムスメを送り出し、さあ寝よう♪と思ったが、昨日はラク太の散歩をわりと早い時間に済ませてしまったことを思い出した。
大きな膀胱の持ち主であるラク太だが、二度寝の途中で万が一尿意をもよおしたりしたらかわいそう・・・とりあえず着替えて散歩は行っとくか。

s-CIMG4428.jpg



散歩から帰ってきて、さあ今度こそ寝よう♪と思ったが、なまじ運動してしまったがためにお腹がすいた。
ううむ・・・二度寝の前にご飯を食べるって・・・どうなのかしら。
食って寝ていいのは、相撲取りだけなのでは?

・・・・迷ったけれど、とりあえずちょっとだけ食べることにした。
昨日の残りの茄子カレーを温めて玄米ご飯と一緒に食べ、野菜はもうちょっと摂らなくてはねと野菜ジュースも飲み、ふと冷蔵庫を見たらこれも昨日の残りのくずもちがあったのでそれも食べた。「ちょっと」の範疇を明らかに踏み越えた感じ。


 「さて、行こうかラクちゃん!!」


いけないことをすべてやって、一昨日図書館で借りた本を持ち、ラク太を引き連れベッドに向かった管理人。
外はまた、小雨が降り始めていた。


「散歩終わってるし、もう今日は寝放題~~~!!」







・・・その後、管理人が何時に起きたかは、どうか、聞かないでください。





          昨日の夕暮れ
20070712230004.jpg




     s-CIMG1536.jpg
     「・・・いいんだそんな生活で」


      よくないのよっ


雨の日のかくれんぼ

2007.07.12 00:35|ラク太
一日雨で散歩にいけない日だが、相変わらずなんの不満もなさそうに、PCに向かう管理人の足元で寝ているラク太である。


だから別にほっておいてもいいような気もするのだけれど、こういう時に思いっきり遊んでやってこそ良い飼い主というもの。
今日はひとつ運動不足解消のために、最近のお気に入り「かくれんぼ」で遊ぼう。

s-CIMG4296.jpg


まずリビングの奥にある和室でラク太に「スワレ」をさせる。

そのまま「マテ」をかけておいて、管理人が和室からなるべく遠い部屋に行って隠れ、「ヨシ」で解除してラク太に捜させるというもの。

単純だけれど、これが結構盛り上がる。


「和室から遠い部屋」といっても貴族の館ではないので、隠れる場所にさして選択の余地はない。早い話が管理人の寝室。しかし寝室のどこを隠れ場所に選ぶかによって、ラク太の阿呆ぶりがさまざまな形で現れる。それがとても面白いのだ。

s-CIMG4421.jpg
 〈管理人の寝室見取り図〉


①②③の中で一番難易度の低いのは②だろう。
チェストはおへそくらいの高さしかないので、その陰でいくら管理人が壁にへばりついてみてもまるみえである。一発で見つかっても、なんら不思議はない。

にもかかわらず、やってきたラク太はドアの入り口のところで簡単に前方を見ただけでいないと思ってしまった。顔を横に向けてチョロッと左を見ればすぐ見つかるのに、てんでおばかちゃんである。

Uターンしてスタタタとリビングの方へ戻って行き、洗面所やお風呂場を探し、たぶんキッチンなども見たらしいが、いないとわかってしばらくどこかに佇んで考えていたもよう。

やがて再び寝室へ。
そして今度は、めでたく見つかった。

s-CIMG4295.jpg


①は開いたドアの陰になってしまうため、ラク太は苦戦した。
何度も寝室には足を向けるのだが、ドアを回り込むという芸当がなかなかできぬ。
(おいおい。ここにいるじゃん!!)
ドアと桟のわずかなすき間からラク太の姿が見えているだけにじれったい。アンタはたしか犬のはず。なにもトランクに仕込んだ覚せい剤を見つけろとは言っとらん。飼い主がここにいるのがなんで匂いでわからんのか!?
ドアを回り込んで内側を捜すという芸当が、やはりコイツには出来ないのか?そんなに高度なワザでもないと思うのだが。
仕方がないので大ヒント。ラク太がリビングの方に戻っていった時に、コンコンをドアを叩いて「ラクちゃん」と呼んでみたら・・・・

見つけられました!(苦労するわーい


s-CIMG4294.jpg



③はベッドと窓の間の床に管理人がベタッと寝そべって姿を隠すというもの。ベッドの下から、ラク太が右往左往する足が見えてすごく楽しめる。

これもかなり難しかったようで、何度も部屋にはやって来るのだがなかなか見つけられない。ようやく見つかったのは4回目だった。見つけた瞬間、ドダダダッとベッド越しにすごい勢いで走ってきて、ざっくり踏んづけられました。


子どもの頃遊んだかくれんぼは見つけられるまでそりゃあドキドキしたものだったが、飼い犬が相手でも、毎回結構ドキドキする。
ただ、ヤツがいまひとつ学習しないようなのが気になるところ。
なかなか見つけられない方がそりゃあ盛り上がるものだけれど、隠れ場所、そんなにバリエーションないのに・・・。


s-CIMG4418.jpg


       お断り:写真は本文には何の関係もありません・・・・

朝のわが家

2007.07.11 09:56|管理人のぐうたらライフ
管理人の起床は遅い。

犬飼いにあるまじき、なんと8時である。
何故こんなことが許されるかというと、ラク太が起きて来ないからだ。


5時になると寝ている飼い主のところにやって来て、顔をぺろぺろ舐めて散歩をねだるというような、犬を飼っているご家庭ではごく当たり前に起きていることが、わが家ではまったくない。


とりあえず会社に出かけるムスメのために8時に起きる管理人ではあるが、もし朝寝坊を決め込んで9時10時11時まで寝ていたとしても、ラク太は一緒になっていつまでも寝ている(最高昼まで寝てたことあり)。そんなに遅くまで散歩にいかないで、オシッコはいったいどうするのか?!と疑問をもたれる向きもあるだろう。室内トイレで済ませるのか?


「しません」


時計の針が10時をさしているのを見て「やばいやばいやばい!!!」と慌てて飛び起きるのは管理人で、そんな姿を横目にのっそりと起き上がって、いたってのんびり屈伸体操を始めるラク太。ラク太的にはあと2,3時間寝ていてもなんの問題もないという感じである。

ラク太の膀胱問題については、管理人もかなりの疑問を抱いているのであるが、20時間くらいは普通にもつみたい。5時間おきくらいにトイレに行きたくなる人間からするとほんとうに不思議だ。


普段はまあ8時に起きて、ムスメが会社に出かけるのを見送った後、「とくダネ」を見ながら管理人は朝ごはんを食べる。(ラク太の朝ごはんはもう終わっている)新聞も読む。コーヒーも飲んでしまう。

やがて「とくダネ」が終わって画面が「わかってちょーだい」に切り替わる頃、ようやくラク太が動き出す。ダイニングテーブルでしつこく新聞を読んでいる管理人の膝に、モガモガモガとよじ登ってくるのである。
20070711134008.jpg



これが毎朝のこと。
最初これをやられた時は、てっきり「ええ加減に散歩行こうや」アピールなのかと思ったけれど、どうもそうではないらしい。
その証拠に、隣の椅子を引き寄せてそちらに誘導してやると、そこに腰を落ち着けて寝始めたりするのだ。なんやねん?!

s-CIMG4396.jpg
    
    「椅子ちょっと狭いんちゃう?」


結局、管理人が重い腰をようようあげて散歩の支度を始めるまで、ラク太が管理人に散歩を要求することはまったくない。
留守番は嫌いなラク太だけれど、そのほかのことについてはすべて管理人の都合任せ。なにをやっても文句ひとつ垂れないラク太なのだ。ほんとうに不思議である。


他の人にはなかなか懐かないラク太だけに、これはつまり、飼い主である管理人にだけはすべてを任せきってくれていると考えるしかないのではないだろうか。それだけ管理人を信頼し、唯一無二の存在だと思ってくれているということではないだろうか?!・・・と自分に都合のいい解釈が管理人はとっても得意。



飼い犬は飼い主に似るというから、ただ単に飼い主そっくりな怠け者になりつつあるだけ・・・という噂もあるが、そんなのに貸す耳は持っていません・・・・

s-CIMG4403.jpg
         
知りません・・・・




グレートデーン!!

2007.07.09 17:22|ラク太
はじめて見たんです!


日曜日のドッグランで。


  犬の王様・グレートデーン!!

  s-CIMG4377.jpg
        のっそ~り



あらゆる犬種の中で一番大きな犬だということは知っていたけれど、ほんとうに
グレートデーン!!でした。

s-CIMG4379.jpg

       「較べてみましょう」(ラクちゃん、人のフリスビーは早く返すように)



ううむ。どうすんの?こんなに大きくて。
大型犬とはいえあまりに規格外。犬というより馬のよう。
もしこの子が(全然子じゃないけど)うちの中に居たら・・・と思わず想像してしまった。
とりあえず、いきなり家が狭小住宅に思えることは間違いない。
ラク太が立っていると、ちょうどダイニングテーブルから少し頭が出るくらいなのだけれど、
デンちゃんは立ったままで普通に人間と食卓を囲めそうだ。
とにかく、足の長さが半端じゃないもの。
お腹の下にラク太が入れ子みたいにすっぽり入ってしまう。


それにしてもデンちゃんの姿のなんとかっこいいことか。
すっくりと立ち上がったすばらしく筋肉質でしなやかなボディ。
とくに尻筋の美しいことといったら、鍛え上げられたアスリートもかくやと思う。

そのこわもてな顔つきにもかかわらず、性格はとても穏やかでおっとりと優しげで、
なんだか大きな体を持て余して「すいません」と言っているかようだった。
なので、そのデンちゃんがのっそりと走り回る姿はどうしても管理人に「あの人」を思い出させた。
「今は亡き、ジャイアント馬場」
好きだったなあ・・・。




ところで、グレートデーンにドッグランで初お目見えしたラク太の反応はというと・・・・


s-CIMG4381.jpg

とりあえず先制攻撃!という感じで吠えまくっていました。
それも、今まで聞いたこともないような甲高いヒャンヒャン声で。

こわかったのね・・・・


そういえば、以前茜浜でノーリードのシェパードに遭遇した時には、管理人の後ろに隠れて
この世の終わりのような哀れっぽい声で鳴き喚いたっけ。
ラク太がとりあえず戦える土俵のサイズは、ゴールデンかラブラドール止まりらしい・・・。





s-CIMG4218.jpg
         心臓は、極小サイズ 



ラク太のルーツ

2007.07.07 23:37|ラク太
      
         わんわんパトロール隊に入隊しました。
 


s-CIMG4341.jpg

         「どや?どや?
               かっこええやろ?」





       
     今日のラク太はいつもにまして「おっさん度」全開・・・・




      
        

           ちょっと、体重も増えましたか・・・・









s-CIMG4340.jpg
      
  「・・・・え?オレやばいの? 今、25キロなんだけど。
 え? 今日から食事制限? うそまじ?! 






ラク太は千葉の富里というところにある動物愛護センターの出身である。

そこで、譲渡用の仔犬として飼育されていたのだそうだ。
誰かに持ち込まれたのか、どこかに捨てられていたのか。
センターにやって来た経緯はわからない。
とにかく、不幸にしてラク太には月に1回定期的に催される譲渡会でもらい手が現れなかった
(なにかキャラクターに問題があったのかも疑惑あり)。

もらい手が現れないうちにだんだん大きくなってしまってたラク太は、行き場がなくなってしまったらしい(譲渡会では月齢が小さい子からもらわれていくのだそうだ)。

そのまま行くとどうなっていたのだろうと考えると恐ろしいけれど、なんと強運なラク太には、土壇場で「千葉わん」という保護団体から強力な救いの手が差し伸べられたのだった。
ボランティアさんはラク太をセンターから引き出してくれ、自宅で世話をしながらしつけもし、いっしょうけんめい里親を捜してくださった。そしてしばらくの後に縁あって管理人と結ばれることになった訳なのだけれど、管理人の胸には時々疑問が持ち上がる。
 「ところで、ラク太っていったい何犬の雑種なのかしらん???」

センターにやって来た経緯がわからない以上、ラク太を産んでくれたお母さんや、種だけ蒔いて去ったお父さんがどんな犬だったのか、兄弟はいたのか、どんな兄弟たちだったのか・・・すべては謎に包まれていて知るすべもない。知るすべがないから、余計に知りたいと思うのか。
「ラク太のルーツを捜せ!!」というのは管理人の密かな命題でもあった。






   「お母さん。さっきの大阪弁が似合うおっさん誰?」
s-CIMG4338.jpg


ここで、最初に戻ります。


冒頭のわんパト隊の「おっさん」はじつは「コロスケ」くんといい、
今日管理人が自転車で買い物に行く途中で偶然出会ったワンコである。
ひと目見た瞬間
「きゃー!!!ラク太そっくり!!」
思わず駆け寄り、触らせてもらい、写真も撮らせてもらった。
毛色も鼻の色もおっさんぽい顔つきも本当にそっくり。
ラク太を150パーセント縦横に拡大コピーしておっさん度数を上げた感じなのだ。
25キロもあるというから、結構でかい。


「黒いラブラドールと柴の子どもなんですよ」

「そうなんですかー!!」

(びっくり!黒ラブと柴ちゃんで、こんなにラク太そっくりな子が生まれるわけなのね・・・・・)

ちなみにコロスケくんはもう7歳だそうだから、ラク太の兄弟ではない。兄弟は全部で7匹いて、黒いのから茶色いのから白っぽいのからでかいのから小さいのまで、そりゃあバラエティに富んでいたそうだ。雑種の醍醐味だなあ~。(ていうか、できるのね、そんなにおっきさ違っても・・・・・)


ラクちゃん、アンタのお母さんはどうもラブラドールっぽいよ。     

s-CIMG4331.jpg


   




     ・・・・・そんなことどうでもいいか。
               アイス、美味しいよね・・・・・



決してやってはならないこと

2007.07.06 18:38|ラク太
梅雨の中休みが続いている。
朝のうち曇っていたので、今日は曇りかと思っていたら晴れてしまって焦った。


というのも・・・・・


管理人は毎週金曜日の午前中、習字の稽古に通っている。
40の手習いで始めて、どうせすぐ飽きると思っていたら思いがけず続いてなんと現在5段。(自慢
ただいま6段に挑戦中である。5段くらいまでは俄然張り切っていたのだが、6段の課題はさすがにむずかしくて、順調な歩みがいきなりパタッと止まってしまった。
仕事だ体調不良だとここしばらくおやすみしてしまったが、この辺、ハードルが高くなるとつい逃げをうちたくなる性格(勝てる土俵でしか勝負したがらない性格ともいう)が露呈した感じ。
今日は久しぶりのお稽古だ。


s-s-CIMG4255.jpg


書道教室まではうちから車で40分くらいかかる。
この冬中、また春になってからも晴れて暑くなりそうでない限り、
毎回ラク太を一緒に連れて行っている。
先生は管理人の友達で、ラク太のファンでもある。
「ラクちゃんはすごくハンサム」「ほんとにいい子」
と評判をとっているラク太。
というのも、管理人が教室で稽古している間中、ラク太は車の中で鳴くこともなくいたずらすることもなくおとなしく待っていてくれるからだ。


そんなわけで、「今日は曇り」と踏んでラク太を連れて行ったのであるが・・・・


s-s-CIMG4256.jpg
 「ほんとにいい子」



大失敗。


確かに最初は曇って暑くもなかったのだが、ラク太をクルマに残して(念のために遮熱シートをフロントガラスに立てかけて、窓も多めに開けておいたんだけど・・・)久しぶりのお稽古に励んでいるうちに、ふと気がつくと・・・・



ガーン!!!



いつのまにか空が青い・・・!!



たたた太陽が出てる・・・!!!!
 



いったいいつから晴れていたのか?!

慌てて車に戻ったけれど、ラク太は相当に暑かったらしい。
急いで水を汲んであげたらごくごくとすごい勢いで飲んだ。


日向が大好きで、カンカン照りのベランダに寝転がって日光浴してたりするトロピカルなラク太だけれど、さすがに晴れた日の車内はそれどころじゃなかったのね・・・。


車に子どもを残してパチンコにうつつを抜かしているバカ親と、まったくおなじことをしてしまったバカ管理人。


s-s-CIMG4264.jpg


こんな仕打ちを受けながら文句も言わず、一気に水を飲みきった後、エアコンで冷やした車内でほっとしたように居眠りを始めたラク太。
申し訳なくて申し訳なくて、帰り道ずっとラク太の頭を撫で撫でしてやった管理人であった。


ほんとうにほんとうに、大反省。

s-s-CIMG4270.jpg
        「怒ってもいいのよ」





夏が終わるまで、習字の稽古の日は家で豚耳と留守番しててもらおう。

ラク太は淋しがりやだからと、車で行けるところにはたいてい同行させている親ばか管理人だが、いつも一緒にいたい・・・そう思っている淋しがりやはどっちかというと親ばか管理人の方であった・・・のかも知れぬ。




梅雨の晴れ間

2007.07.05 16:47|ラク太
今日は久しぶりにさわやかな風が吹いた。


シーツやベッドカバーを洗濯して布団や枕やクッションを干して掃除機をかけて・・・と
動き回る管理人を尻目に、午後の日が差し込むひなたで昼寝のラク坊。

s-CIMG4313.jpg


うーん。かわいいねえ。ま、ちょっとおじん臭いけども。
ラク坊の坊は坊さんの坊?


そこだけなんともあたたかくのどかな空気が漂っていて、
見ているだけで幸せな気持ちになる。
かわいさあまってながめているだけでは飽き足らず、
ついおさわりに走って愛犬の安眠を乱してしまうのが飼い主というものだが、
今日はぐっとこらえて観察していたら、いきなりむくりと起き上がった。




s-CIMG4310.jpg

ああ、頭、痒かったのね。



ダニでもいるのかしらんフロントラインしたばっかりなんだけど。
掻いてる姿もかわいいわあ(へらあ~)

s-CIMG4309.jpg




うんうんかわいいよ。ちょっとおじん臭いけどもね。

s-CIMG4307.jpg


           
           
           あ・・・・・・。




s-CIMG4311.jpg
 
       
    ・・・・・へ変な顔・・・・・ 





「みかんちゃん」

2007.07.04 10:59|ラク太
        

           みかんです。

s-s-CIMG2077.jpg



       この通り、大切にお預かりしています。
s-s-CIMG2078.jpg








朝、いつものようにブログを開いてみてびっくりした。

「どどどどうしてうちにこんなにお客さんが来てるんだあ?!」


知り合いしか来ないはずのうちのちまちまブログなのに、今日は朝からアクセスカウンターがあり得ない数字を打ち出している。友達一気に3倍増。
「ななななんでなんでなんで?!?!」


お、思い当たることといったら・・・・

思い当たることといったら・・・・

思い当たることといったら、あそこしか・・・・・!!!

  

というわけで満月さんのブログhttp://mikanakebi.blog56.fc2.com/を拝見しに行って、ようやく事の次第が飲み込めました。




   ・・・・・似てますか?うちのラク太。みかんちゃんに。
s-s-CIMG2080.jpg


      
       

          「よろしくね。♂ですよ。」
s-s-CIMG2061.jpg

過ぎたるは及ばざるがごとし

2007.07.03 22:46|ラク太
今日はラク太とホームセンターコーナンに買い物に行った。

   「お母さん。このペット用カート、ちっこいで」
s-CIMG4192.jpg

  カートが小さいんじゃなくてアンタが大きいのよ。

      「えらい不安定やで」
s-CIMG4193.jpg

・・・下半身が小さすぎるんじゃないの?        




久しぶりにおもちゃを買った。
ぺティオのペンギン。

s-CIMG4212.jpg


ピーピー鳴るおもちゃが大好きなラク太だけれど、しかしそう、ものの10分で肝心な音出し部分は破壊されてしまうのが常。わが家にはそういう音のでなくなった、でも捨てるに忍びない(管理人がケチだから)おもちゃがたくさん転がっている。

もったいないからいつもは100均でしか買わないのに、今日はふと血迷って398円も出してしまった。ペンギンの音が、ただのピーピーじゃなくてブギーブギーと可愛かったし、イレギュラーに転がる姿もラク太が喜びそうだったし、398円もしたんだからいつものヤツより長持ちするんじゃないかしら。


      
       案の定有頂天
s-CIMG4197.jpg
  
   ブギーブギー。ブギーブギー。ブギーブギー。
    
   はしたないほどはしゃぐラク太s-CIMG4204.jpg


ブギーブギー。ブギーブギー。ブギーブギー。

あらら。この声、本モノのペンギンがいたぶられているみたい。聞いていると結構いたたまれない。
さらにこの聞きなれない音がラク太の狩猟本能をいつもにまして刺激したようで、
噛む噛む。噛む噛む。噛む噛む・・・
・・・・ペンギン、ひとたまりもなく落命。

今までで最短かも。



s-CIMG4200.jpg

もう、スカースカーとしか言わないじゃん・・・・・・・ばか


きっともう管理人は100均以外でおもちゃは買わないだろう・・・。
間違いない。(古・・・)

卒業にいたる道

2007.07.02 00:04|お勉強
●田先生に勉強を教わるようになって5ヶ月。
本日をもって、ラク太めでたく卒業の運びとなった。


決して安くはない月謝を払って「うちの子に家庭教師を!」と考えるからには「どういう状態になったわが子」を飼い主が望んでいるか、それぞれに「こうあって欲しい」理想の姿があるはずだ。
たぶん問題行動が多い子ほど、理想のレベルは低めだろう。
「とりあえず飼い主を噛まなくなればいい。痛いから」とか「とにかくよそのワンコに見境なくケンカを売るのをやめてもらいたい。外を歩けなくなるから」とかいうようなよっぽどお困りなんですねというケースから、ノーリードでぴしぴし脚側で歩くのは当然、「コイ!」といったら一足飛びに飛んで来て当然、できれば「1たす1」くらいは計算できるようになってもらいたいと思っている飼い主さんもいるだろう。

s-CIMG4142.jpg



うちのラク太の場合は次の2点であった。

①ゴーイングマイウェイな散歩スタイルをなんとかしたい
②家の玄関を入ってくる人にもれなく吠えるのをやめさせたい



具体的にどんな風だったかというと・・・・

①については、表に出た瞬間から「フンガッ!!」と通路に転がっている団子虫に突進。風に舞う葉っぱ花びらは右に左にとことごとく追い、子どもがボール遊びでもしていようものなら「混ぜろ混ぜろ混ぜろ!」と強引な横入りを試みるラク太。
とにかくあっちへこっちへと動き回り落ち着いて歩けない。

中でも問題なのがよそのワンコに遇った時で、相手がまだ50メートルくらい先に居るにもかかわらず、頭を低く伏せをして早々に警戒態勢をとる。
そのまま相手の通過をじっと待つのかと思いきやさにあらず、先方が射程距離まで近づいたかと思うと、いきなり「ぐァばっ!!!」と一直線に飛びかかるのである。ひどい。
なまじ伏せなどしているために「あら、いい子ですね~」などと言いながら安心して通過してくれようとしていた相手の飼い主さんを仰天させることも多々あり、この場合なんか、もう相手を罠にかけたようでいたたまれない。

s-CIMG4135.jpg


もちろん飼い主とて手をこまねいていたわけでは決してなく、しつけ教室にも行ったし、本も読んだし色々なサイトを覗いて勉強もしたつもりであった。
左の脚側に犬をつけ、リードが常にたるんだ状態で歩かなければならないということもわかっていた。
犬が勝手な方向に突っ走ったら飼い主はきっぱりと立ち止まり、気づいた犬が止まってリードが緩んだらふたたび歩き出す。また引っ張られてリードが張ったら、再びきっぱりと立ち止まる。
もしくは、リードが張ったらすかさず飼い主はくるりとUターンして反対向きに歩き出す。引っ張られて付いて来た犬が再び先に立ってリードが張ったら、再び飼い主はくるりとUターンする。
それを何度も繰り返しているうちに、犬は次第に自分がどう振舞えばいいかわかってくるというのだが、あなた、そんな「きっぱり」を額面通りにやっていたら、玄関を出た瞬間から歩いちゃ止まりの繰り返し。いっこうに先に進まないのである。業を煮やして「きっぱり」はとりあえず棚に上げ、止まっているんだかいないんだか極めてあいまいなやり方で散歩を続けてきた管理人であった。
そうそう、脚側で小さなオヤツをあげ続けながら歩くというのもやったなあ・・・あれはまったくラク太の食い逃げに終わったっけ(遠い目)

s-CIMG4130.jpg



思えば息子と同い年の(なんかガビーン! )●田先生にリードを預けて2ヶ月余り、ふと気がつくといつのまにかラク太は散歩の時「管理人の脚側についてとりあえず引っ張らずに歩く」ということが出来るようになっていた。(もちろん●田先生が扱っている時とはレベルが全然違うけどいいの)
そして今、ラク太はリードによる誘導ではなく管理人の声かけと合図でほぼ指示通りに動くようになっている(あくまでほぼですが)。今日の最後のレッスンでは、先生が持つロングリードに繋がれてはいるが、管理人との間はノーリードの状態で公園から家までの距離を一緒にゆっくり歩いて帰って来た。
この「ゆっくり歩く」というのが、かつてのラク太にはまったく出来ないことだった。ヤツがこちらのスピードに合わせることができるようになったなんて驚くべき進歩なのだが、まあこの喜びは管理人にしかわかるまい。

s-s-CIMG3534.jpg


犬のしつけの鍵を握るのは、当然のことだが人間だ。
その人間がいったいどこまでその犬に対してリーダーシップをとれるか、犬のしつけはそこにかかっている。人間、すなわち飼い主。「きっぱり」を棚上げしてはいけない。しつけるテクニックはいろいろ●田先生から教えていただいたけれど、いちばんの肝は「きっぱり」である。今頃それに気づかせていただいた管理人。思い切って家庭教師をお願いしてよかったと、心から思う。
散歩は、いや散歩のみならず生活のどのシーンにおいても、飼い主は犬に主導権を握らせてはいけない。しかしその代わり、飼い主は思い切り犬を楽しませてやること。それはやってみるとかなり疲れることで、「ま、いいか」主義で楽したがりな管理人には相当な努力が求められることだった。だけど、今はっきりとわかる。そのように努力することは、犬との暮らしを選んだ飼い主が、当然果たさなければならない責任なのである。思えば、そんなこと何にも考えずに今まで過ごしてきたなあ・・・。
てなことを、管理人はここへ来てようやく理解したのであった(すごく遅いって話もあるが)。卒業したのは、もしかしてわたし・・・?

●田先生ありがとう。ほんとうにたくさんお世話になりました。


長くなってしまったので、問題行動についてはまた後日。

s-s-CIMG3523.jpg

   それにしても遊んでもらってる写真ばっか。いつ勉強したんじゃい

懐かないラクちゃん

2007.07.01 01:49|ラク太
「こんなに暑いのにホットコーヒーでもないだろ」というわけで、
思いっきりクールなテンプレートに変えてみました。

『テンプレートの変更』というこの作業に費やした時間・・・・約3時間。
膨大すぎてむなしい・・・・。


そのため、もはや記事に割く時間がなくなってしまいました。
こんな時のために取っておいたラク太がわが家に来た当時の必殺秘蔵写真で、本日はお茶を濁したいと思います。
そこには、能面のような幼いラク太が・・・・


2006年3月3日 生後おそらく6ヶ月のラク太
この距離感のまま1日目過ぎる。20070701012725.jpg



3月4日
こちらを疑りまくり。
カメラ付き携帯のシャッターを押したこの次の瞬間、脱兎のごとく逃げる。

20070701012745.jpg



知らないところに連れてこられてきっと不安でいっぱいだったんでしょう。
このまま丸3日間、ラク太は管理人に近寄ってくれませんでした。





s-s-CIMG2919.jpg

まだ、疑ってるんかい!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。